MENU

 Kyo Eboshi No.4 

左撚り・右撚りのヨコ糸を4本交互に用いたちりめんを四越ちりめんといい、

古来より「四越」をもじって烏帽子と呼ばれた絹織物の技法を合繊織物で再現したKyo Eboshi NO.4

 

現在流通している生地には見られないこの大きく広いシボが生み出す滑らかなドレープ性と、

光の乱反射により深く濃い色合いが特徴の個性的な生地に仕上がりました。