MENU

 楊柳クレープ 

右撚りと左撚りの横糸の撚り数、糸種、本数等で左右非対称をつくることにより、大胆な縦方向の表面変化を生み出す楊柳ちりめんの技法を用いた生地。

精練時に糊が落ちて糸が収縮する際に、左右の収縮率の違いにより、表面に大きな縦模様が立体的に配置される複雑な生地。

大きな縦模様と横方向の細かいシボが丹後ちりめん独自の優美なドレープ性とシワになりにくい機能性を実現しています。
又、大きな縦模様が肌への接触面積 を減らすことで 、べたつかない春 夏用生地に最適な清涼感のある素材です。