宇粋ちりめんの特徴

臼井織物株式会社 > 宇粋ちりめんの特徴

丹後ちりめんとは?

丹後ちりめんは、京都府北部の丹後地方で生産される高級絹織物の総称です。
丹後地方の地場産業であり、主な産地は京丹後市・宮津市・与謝郡与謝野町。
丹後地方は日本国内の約1/3の絹を消費する日本最大の絹織物産地です。
特徴は1mあたり3,000回程度の強い撚りをかけた緯糸(よこいと)を使って織ることにより、
生地の前面にシボと呼ばれる凹凸が生まれます。
シボはシワを防ぎ、絹の持つ光沢を鈍く抑え、
一般の絹織物には出せないしなやかな肌触りや染めつけの良さを作りだします。

宇粋ちりめんとは?
宇粋ちりめん

伝統 プラス 機能性

歴史と伝統ある「丹後ちりめん」に、
機能性を持たせた 新しい丹後ちりめんが
「宇粋ちりめん」です。

着物が日常着となるために

臼井織物が、洋装ちりめん織物へ
素材の開発を通して培ってきた技術を活かし、
それらを日本の着物と融合させることにより
新たな価値を創造する和装向けの
新ブランド『宇粋ちりめん』です。

ポリエステルを長年に渡って研究し、
ポリエステルに特化した丹後ちりめんを
完成させてきました。
他の合繊織物にはない、丹後ちりめんの
独特のシボが着物の着崩れを防ぎ、
合繊織物でも独特の風合いを持った
独特のちりめんを作り上げています。

ポリエステルでも上質のものを

一昔前は、合繊着物と言うと、
安っぽいイメージがありました。
実際昔は一目で合繊とわかるものが
多々ありました。
しかし、今の洋装素材を見てもわかるように、
近年織物の技術は飛躍的に発達し、
今や手にとっても絹とほとんど変わらない
風合いのものを作っています。

「宇粋ちりめん」の特徴

  • 丹後ちりめんの独特のシボで着崩れしにくい(他の合繊着物とは違います)
  • 家庭用洗濯機で製品の丸洗いが可能
  • 洗濯後にノーアイロンで着用可能
  • 吸汗・速乾性に優れる
  • 着用時にシワになりにくい
  • 色あせ・黄変の心配が少ない
  • 保存時の虫くい・カビの発生などの心配が少ない
  • 着物をはじめて着てみるかたにもうれしい価格 

ちりめん(縮緬、クレープ織)は、糸を平織にして作った織物です。
タテ糸には、ほとんど撚り(より)のない糸を使い、ヨコ糸に強い撚りを掛けた
右撚り(右回りにねじる)の糸を交互に織ったものです。
その為精錬すると布が縮み生地の表面にシボ(凹凸)が現れます。

京都・丹後で作られるポリエステルちりめんは、ヨコ糸に短繊維(スパン糸)の
強い撚りを掛けたものを使っているので、シボ(凹凸)が大きく高いものになります。
短繊維を使うことにより、ヨコ糸に微妙な空間が出来、見た目より軽くふくらみのあるものに仕上がっています。
(北陸産地のポリエステルちりめんのほとんどがヨコ糸に長繊維を使っています)

洋装を開発してきたからできたこと

臼井織物は、ポリエステルをシルクと変わらない織物にするため、
永年にわたり培った丹後ちりめんの技術を活かし、洋装生地をはじめとする、
シルクに劣らず、シルクがもつ欠点を補うための素材を作り上げてきました。
多く見られる合繊織物と違って、丹後ちりめん独特のシボが、着崩れを防ぎ、
シワになりにくく、簡単に洗濯可能です。
吸湿乾性や通気性にも優れた素材です。新しい丹後ちりめん
臼井織物ポリエステル丹後ちりめん『宇粋ちりめん』の風合いを是非お確かめください。

『自社工場で一貫生産』

臼井織物は、自社工場内に糊付機・撚糸機・織機を設備して、
丹後独特の強撚糸使いのちりめんを製織しています。

法人のお客様はこちら オンラインショップはこちら お問い合わせはこちら

TOP